豊胸手術の経験談

貧乳から女性らしい胸へ毎日が自信で満ち溢れるように

私はもともとAカップしか胸がなく、Тシャツ一枚着るのも胸がないので不細工に見えます。服を着ているときはどうにか下着でごまかしはきくのですが、やはり一番は男性との行為になったとき脱ぐのがいやでいやで仕方なかったです。

男性側は普段頑張って盛っている胸を想像して行為に及ぼうとし、いざ下着を脱いだ時にものすごくわかりやすい表情になります。それを目の前で見て私は本当にショックを受け、一時期男性恐怖症になりました。

男性というのは胸が大きいほうが大好きです。そんな中本当にまな板のような私の胸では男性に幻滅されてしまいます。温泉などの行くときも必ず胸をタオルで隠してしまします。周りの女性は堂々とさらしていますがそれは女性らしいふくよかな胸があるからであって、私のような貧乳は恥ずかしくて見せることすらできません。温泉は大好きなのですが、わざと人の少ない時間帯や、極力行く回数などを減らしています。

皆さんそんな気にしないでとよくおっしゃりますが、それは皆さんが大きくはなくても胸に少しでもふくらみがあるからいえることだと思います。私のように20歳になっても男性のようなまっ平の胸になってみないとわからないことだと思います。

胸のことについて悩みだしたのは中学生ごろだったと思います。周りの女子はかわいい下着を付け、運動のときになれば胸が揺れたりして、それを男子に見られると悩んでいた子もいました。私は胸がなさすぎてかわいい下着も付けれず、白のスポーツブラというものを付けていました。

そしてみんな学年が上がるにつれて本当に体つきが変わっていき、私だけがおいてけぼりかのように胸だけ成長してくれませんでした。このころの男子は女子の体についてよくこそこそ話をしていて、その話題は胸のことばかり。名前が挙がってくるのはクラスで一番多大きい女の子と、それを比較するかのように必ず私の名前が挙がっていました。このころから胸がないことがコンプレックスでしかたなかったです。

そしていつも頭にあったのが豊胸手術のことでした。高校のときには自分でバイトするようになり、こつこつとお金を貯めるようになりました。一番大きかったのは豊胸手術の金額です。すぐに豊胸手術をしに行こうなんて簡単に足を運べるような額ではなかったからです。ですが過去のトラウマもあり、必ずしてやろうと思っていたので毎日頑張れました。

社会人にもなり貯金額も目標に達したとこで念願の豊胸手術に挑みました。私はとにかく大きい胸にしたかったので、インプラントバックを挿入しました。人体にも無害な素材を使用しており、バッグ自体の耐久性にも優れていたし、保証もしっかりしていたのでこちらにしました。

手術時間は二時間かかってなかったとおもいます。スムーズに手術も終わり目にした胸は女性らしいふくよかな胸になっており、あの時の感動はいまだに忘れられないほどの喜びで溢れていました。胸の違和感は多少ありましたが気にするほどではなかったです。なにせよ下着がすべて合わなくなっているので下着のお店にいって自分の変わったカップ数を伝え、今まで不細工だった胸もセクシーな女性らしいスタイルになり涙が出るほど嬉しかったです。

男性の見る目も変わり今では自信をもって裸になれます。そして今まで見たことのないような表情をしてもらえています。

洋服もなんでも着こなせるようになり、出かけることが楽しくて仕方ありません。温泉もタオルで隠すこともなくなり、毎日が自信に満ち溢れています。皆さんの中にも胸が小さくて悩みを抱えている方がいっぱいいらっしゃると思いますが、この私の経験で一押しできたり、勇気につながればいいなと思います。

シリコンバッグ手術を選んでよかったこと

私が豊胸整形を考えるきっかけになったのは、出産後の授乳でした。

妊娠をしている間は、ホルモンバランスが変化し自然とバストサイズがアップしていました。しかし、出産直後からホルモンバランスが正常値に戻り始め、なおかつ赤ちゃんに授乳をすることになったことで、みるみるうちに胸がしぼみました。当時は、妊娠前よりも胸にハリがなくなりシワシワとしたような感じです。まだ20代後半という年齢だったことから、美意識は比較的高い方だったため、自分の体が許せないという気持ちが日に日に高まり豊胸整形に興味を持つようになりました。

女性たるもの美意識は永遠にこだわり続けるものだと思いますので、結婚をしているからとか子供がいるからとかは関係なく個人の問題だと思いました。 そして、旦那にも相談をして了承をしてもらい約80万円ほどかけて豊胸手術をおこないました。私が選んだ手術方法は、シリコンバッグ豊胸でした。豊胸手術では麻酔を打ち、大胸筋のあたりを切開しました。手術をしている際には、麻酔をしているため特に痛みもなくその日のうちに帰宅することができますが、この手術法の怖いところは、麻酔が切れた後の痛みでした。

実は、手術を受け前からインターネットなどで情報収集をしていた私ですが、手術をした人はその後辛い痛みに襲われているという情報を多々目にしていたため、気になって先生にも確認を取ったほどでした。先生からは、「個人差がありますが、やはり手術をしている以上痛みは出てしまいます。その際は、痛み止めを飲んで対応しましょう」とのコメントをもらい、やはり痛みは避けては通れないものだと実感をしました。しかし、痛み止めがあるので、耐えられない時は痛み止めの力を借りられると知っただけでも大きな安心感になりました。

手術は午前中に終わり、夜になると麻酔が切れて痛みが出てくるようになりました。なんとも言えないような激痛が手術をした箇所から感じ、初日から早速痛み止めを飲んで対応していました。痛みが出た直後は、とにかく横になるのも辛いほどの痛みが体の中を駆け巡り、冷や汗をかいてしまうほどでした。

とにかく安静にして痛み止めが効くまではぐっと我慢するという生活を3日間ほど続けていました。3日間は、ずっと痛み止めを飲み続けないと日常生活が送れないほどの状態で、仕事はお休みをしてしまう日もありました。4日目になると痛み止めを飲まなくても耐えられる程度の痛みになり、日が経つにつれて徐々に痛みもなく日常生活を送れるようになったほか、仕事にも4日目からは復帰をするなど状態は良くなっていきました。

切開した部分が痛いというよりは、体の中の筋肉が痛むという感覚で筋肉痛のような痛みが一番酷似しているように思いました。

シリコンバッグ豊胸を行いましたが、この豊胸手術には2つの方法があり最初に先生から説明を受けました。

大きな違いはバッグを入れる場所にあります。1つ目は、乳腺の下にバッグを入れる「乳腺下法」と筋肉の下にバッグを入れる「大胸筋下法」です。どちらも痛みは伴いますが、大胸筋下法の方が痛みが強いと言われていたのですが、大胸筋下法を選択しました。この方法のメリットは、脇の下を切開するのですが、傷口が目立たないというところが最大のメリットであり、豊胸手術をした人ならみなさん気になるのは「豊胸がバレること」になります。傷口が小さいことで周囲に豊胸がばれにくいところと、バッグをれいた後のバストの形は自然となり、感触も胸本来のものに近いため、違和感を感じ辛いというメリットがあります。

痛みは伴いますが、豊胸はしたいがばれたくないという気持ちがあるので、痛みの代償を払い大胸筋下法を選ぶことにしました。 痛みは耐えられなければ痛み止めがありますので、不安な人も大丈夫だと思います。また、日が経つにつれて徐々に痛みが弱まります。

豊胸整形に迷っている方は、自分の理想のバストを得るためには様々な方法があることを知った上で、適切な方法を選択していただき後悔のない未来を歩んでいただければと思います。