憧れていたナチュラルなバストが自分のものに

元々胸が小さくコンプレックスを持っていました。

出産、授乳を期に胸へのコンプレックスが更に強くなり、ちょっと大げさですが日常生活にも支障をきたすようになったので豊胸手術を考え始めました。
そして自分である程度豊胸について調べてから美容外科を訪れました。

以前、他院で他の箇所のプチ整形などをした事があるのですが、カウンセリングと実際に施術してくれる先生が違い
詳細が伝わっていなかった事もあり、最初から最後まで同じ先生に担当してほしい、 バストという少し恥ずかしさもある部位なので先生の人柄も重要に感じ、 口コミなどでも調べた結果、恵比寿駅から徒歩数分ほどにあるasクリニックに行きつきました。

こちらのクリニックは基本院長一人が最初から最後まで担当してくれます。
口コミ通り先生の感じや真面目さも伝わり、長時間のカウンセリングでも嫌な顔一つせずに接してもらえました。
受付兼看護師さんも感じの良い方が一人いて、スタッフが少ないからこそ 他の方との無駄な接点がなかったのも良かったです。

そして実際に施術を受ける事にしました。
私自身の絶対的な要望としてナチュラルな仕上がりのバスト、限りなくメンテの少ない施術でした。

それが自身の脂肪をバストに注入するというものです。
通常のシリコンを入れるという豊胸手術よりかなり抵抗はないと思います。
脂肪は希望する部位の脂肪吸引を行い、その脂肪に+aの費用で脂肪の定着を良くする薬剤を混ぜて胸に注入します。
脂肪定着を良くする薬剤を混ぜず、自身の脂肪だけ注入する方法もありましたが、やはり定着率はかなり落ち、薬剤を混ぜた場合は定着率3~4/10に対し、脂肪のみの注入は最終的には注入した量の1/10ほどになるとのことだったので、どうせやるならと定着率の良い方を選びました。

施術前日くらいに簡単な検査を受け、当日に朝9時すぎに来院しました。
そして全身麻酔をかけての手術になりました。
手術トータルの時間は4時間弱くらいだったと思います。
それから麻酔が切れ、目が覚めるまで3時間近くかかりました。
体調を戻しながらクリニックを出たのは閉院時間でした。

麻酔の効きは個人差があるようですが、私はその日は吐き気が止まらず、歩くのもやっとでした。
後に知ったのは術後はとてもつらいということです。
辛いというレベルが想像をかなり超えていました。
当日は寝たらそのまま死んでしまうのではないかというほど体調が悪かったですが、翌朝にはほぼ体調は回復していました。

ただ胸の鈍痛、違和感はありました。
しばらくは脂肪を定着をするためにさらしのようなものの着用が義務づけられていました。

翌日には注入箇所にテープを貼ったままでシャワーを浴びたのですが、 その際バストを確認するとかなりサイズアップしていましたが、同時に硬さもありました。
時間の経過と共に1か月たつころにはサイズも落ち着き、自然な柔らかさに戻りました。

バストの両サイドに1箇所ずつ針で注入した跡がありましたが、徐々に目立たなくなりました。
メンテも術後1度クリニックを訪れて確認等をしただけなので ラクでした。

術後3年ほど経ちますが、バストは出産前よりも少し大きくなり授乳した後とは思えないほど 綺麗な形をしています。

脂肪注入だと極端にサイズアップすることは難しいそうですが、 ナチュラルに1~2カップアップ、形を整える、メンテの必要がないということで デメリットが少なく、とてもオススメです。

気持ち的にも異物を入れていない分、整形に対する抵抗が低い気がします。
費用面では注入する脂肪を脂肪吸引で取るので、その部位によって費用が変わってきます。
私自身は太ももの脂肪吸引、脂肪の定着を良くする薬剤を混ぜた脂肪注入、事前検査費用で トータルで約100万円でした。