授乳後の垂れを脂肪注入で解決しました

授乳が原因で胸の形が悪くなったので豊胸施術を受けました。

以前は綺麗なCカップで正直自信を持っていたのですが、子供が生まれて母乳を与えた後に形が悪くなり始めました。母乳を与えていた時期はとてもきれいでした。大きさも少し大きくなり乳首もしっかりと上を向いていました。子供が母乳離れしたあたりから少しずつですが変化を感じるようになりました。2カ月ほどたつと胸がしぼみ乳首も下を向き始めました。正直誰にも見せたくないと思いました。風船が縮むのと同じような感じで元気のない恥ずかしい形になりました。

授乳後同じ悩みを抱える人の話を聞くことはありましたが、これはFやGカップのような巨乳限定の話だと思っていました。しかし実際に体験してみて他人ごとではなくなりました。見た目の問題もありますが、胸が垂れ下がりカップ数やブラのサイズにも変化が出てきたら買い換えないといけなくなるので何とかしないといけないと思い始めました。

最初はバストアップの運動とかを取り入れていたのですがしばらくたっても効果が無かったので豊胸施術をすることを決意しました。以前から興味があったのですが少し怖かったです。しかしもうこんなことを言っている場合ではありません。さすがに叶姉妹のようなバレバレの豊胸はどうかと思いますが、醜くない程度に出来ればいいかなと思い相談しました。担当の先生に聞いてみると豊胸にも様々なものがあることを知りました。主に3つありシリコン、ヒアルロン酸注入、脂肪注入があります。

まずシリコンは私の中では論外でした。たまにシリコンが爆発した話を聞きますし、いかにも不自然すぎるのはどうかと思ったからです。次にヒアルロン酸を考えたのですが、メンテナンスの簡単さから結果として脂肪注入を選びました。

手術の内容ですがまずはお尻や太ももなど脂肪が多い場所から脂肪を取ります。丁度足を細くしたいと思っていたので太ももから脂肪を抽出しました。正直太ももから吸い取るのは少し痛かったです。その後麻酔をします。基本的に局部麻酔ですが病院によっては局部麻酔プラス麻酔クリームの場合もあります。そして脂肪を胸に注入します。施術後は正直痛いです。麻酔が切れると徐々に痛みが来ます。なので手術後に変えるときは夫や知人に車を出してもらうことをお勧めします。

寝るときも痛くて眠れないです。2時ぐらいになっても眠れないときは痛み止めを飲むこともあります。基本的に少なくとも1週間はこの痛みと戦う必要があります。太ももの方は1週間もすれば痛みが消えるのですが、胸の方は徐々に弱くはなるのですが1カ月程続きました。

また、胸も少し重たくなったので肩がこります。施術の痛みは1カ月で解放されますが、肩こりの方は新しい胸に体が慣れるまで続きます。そこまでバストアップをしない施術なら大体2カ月もすれば肩こりからは解消されます。しかし2~3段階のバストアップをした方の場合かなり長い期間肩こりと戦うのではないかと思います。胸が大きい人は肩がこると言いますが、その苦しみを少しの間味わうことが出来ます。まあこれはこれで貴重な体験だと思います。

こんな感じで無事に豊胸施術が終わり今では形のいいDカップになりました。ちなみに費用は約50万円程です。クリニックによって変わりますが脂肪注入の場合大体40~60万程度です。もしも豊胸手術を考えているのであればどの種類の手術をするのかをしっかりと医師と相談してください。また脂肪注入をするのであれば授乳が終わったらあまり期間を開けないでやることをお勧めします。このころの方が体に脂肪が余っているので太ももやお尻から良質な脂肪がいっぱい取れます。まあまあ値段はしますが、私は豊胸施術をしてよかったと感じています。