豊胸して2カップアップ!!変わったものと、変わらなかったもの。

まずは私が行った手術の流れをご紹介いたします。

ヒアルロン酸の豊胸を、新宿の品川美容外科で行いました。 豊胸前はCカップ、豊胸後は2カップアップ。 はじめにお医者様との豊胸する量と形、麻酔などの相談。入金し施術、という流れは非常にシンプルでした。 全身麻酔で行ったので、手術台に上がりすぐに眠りに。気づいたら終わっていて、その日のうちに帰宅。 起きてしばらくは体が震えるほどに寒く感じるので、夏でも羽織ものを持参した方が良いと思います。

それからは強い痛み止めを飲まないと、普通に歩けないほどの痛みが1週間ほど続きます。 私は薬が切れて痛みを感じるのが怖かったので常に効果を切らさない様に飲んでいました。 激痛が響くのでブラは普通のブラの上に三角ビキニをサラシのようにキツく締めて、揺れないように保っていました。 オフィスワークの方は次の日からお仕事が可能かと思いますが、満員電車は辛いかも…。 ヒアルロン酸の場合は1週間ですが、パックは1ヶ月続くというのでその場合は1週間はお休みが必要かもしれませんね…。

痛みは1日1日で分かるほど引いていきます。 麻酔が切れているであろう睡眠時の寝返りには注意が必要です。 同じく豊胸をした友人と話してて、寝返りして痛みで寝ゲロするというのは「豊胸あるある」みたいです。

以上が流れになります。 肝心の胸の出来映えですが、非常に満足をしております。女医さんだったことも関係しているのか、鳩胸っぽく私の好みが非常に反映されていました。 傷はアンダーバストの際5mm程度のモノが片方のオッパイに一つずつ。 かさぶたになり、剥がれてしまえば全く分かりません。

気持ちの面ですが、 実は私、胸にコンプレックスがあって豊胸をした訳ではなかったんです。 タイトな服が好きだったのですが、その時に胸の形を整えたり大きくみせたりすのが面倒だったのと、 大きい方がカッコいいな?というピアスやタトゥーのような感覚でした。 「やったら人生なにか変わるかな?」程度の軽い理由です。

手術をする前は 「激痛と言われるニードル脱毛もしてるし、腹膜炎とか散々痛いこと経験あるから、ヒアルロン酸くらい楽勝でしょ!」と思っていましたが、 やっぱり「豊胸はオペ」なんですよね…。甘くみてました。痛み止めがないともう2度と出来ません…。

ただ、やっぱりというか当たり前なんですが効果は歴然。 体にコンプレックスがあるのなら、サプリやマッサージなどにお金をかけるなら豊胸をしたほうが一番確実で手っ取り早いです。 寝て、起きたら、理想のオッパイになっているんですもん。

周りの反応ですが、 胸元の開いていない服ですと、全く気づかない人ばかり。 そりゃそうですよね、いままでブラで2カップくらい偽造してましたから。 ただ余計な偽造オッパイ加工が不要になり、シンプルなブラでTシャツ1枚だととってもシルエットがキレイ。

豊胸してしばらくは、胸が炎症でパンパンになっていたので胸元の開いた服ですといかにも「ニセモノ」感が溢れています。 施術したことを特に隠していなかったので友人との話題は増えましたが、残念ながら世界が変わったまでは行かなかったです。

私の周りには「あの人は大きいから良い女」だ、「小さいからしょぼい」など、 女の人を「オッパイ評価」する人がいなかったからだと思います。 もしこれで、周りが急にチヤホヤしだしたら「もっと大きく!」と繰り返していたと思います。

どうしてもオッパイが欲しい!という方は、金額的に大変かもしれませんが 始めはヒアルロン酸、そのあとパックがオススメです。 ヒアルロン酸は1回目は2ヶ月?3ヶ月ほどで吸収され元に戻ってしまうので、 それで痛みに耐えれる&大きさが欲しい!と思ったら持続力のあるパックへ。

世界が変わるか、変わらないかは人それぞれですもんで。